世界中を走る高速鉄道

高速鉄道の歴史とは

鉄道は私たちの生活に欠かせないものですが、少しでも速く移動したいと考えるものです。そのため、鉄道が誕生してから常にスピードアップは課題とされていました。そして、世界にはさまざまな鉄道が走っており、時速200キロがひとつの目標とされていたのです。時速200キロを超える鉄道は高速鉄道と呼ばれており、世界で最初の高速鉄道は日本の新幹線です。

新幹線が誕生したのは1964年10月1日で、東京駅~新大阪駅間の東海道新幹線です。これは世界の鉄道シーンに衝撃を与え、世界各国でさまざまな高速鉄道が開発されました。上海トランスラピッド、京滬高速鉄道、TGV、ICE、ユーロスターなどが一般的に知られています。これらの高速鉄道は常に改良が加えられており、年々スピードアップが行われているのです。

さらに、高速鉄道の導入を考える国も多く、世界各国で高速鉄道の工事が着手しています。これによって移動が速くなるだけでなく、大きな経済効果をもたらしているのです。そのため、国を挙げての一大プロジェクトとなっており、大きな予算が導入されています。

しかし、これだけ大規模なプロジェクトになってしまうと、途中で計画が頓挫してしまうことも少なくありません。そのため、高速鉄道の開通は非常にハードルが高いと言えるでしょう。こちらでは日本の新幹線だけでなく、世界各国の高速鉄道の情報を集めました。こちらの情報を基にして旅行を楽しんでも良いでしょう。